自己紹介致します

                   
私は現役引退ですが、現在も大阪府営プールで毎日500メートル泳いでいます。 プールには片道20分かけて徒歩で通っています。卓球、テニスもしています。 スキーもシーズンには富山に行き楽しんでいます。 学生時代のESS部(英語クラブ)、柔道部のOBG、現役学生との交流会にも出席しています。 英字新聞も毎日読んでいます。全て若さを保つためです。 若い世代の方々との交流を持ちたいのでご協力下さい。 住まいはJR新大阪から徒歩15分、阪急京都線の崇禅寺駅から徒歩5分の便利なところです。

以下、履歴です。
昭和28年3月:京都外国語短期大学卒業
昭和32年3月:立命館大学 法学部卒業
昭和32年4月:貿易会社、エンパイヤー商事入社(アメリカ部営業)
同 33年10月:同社退社   渡米
同 34年1月:ニューヨーク 5番街のROSS PRODUCTS INC.の会長MR.ROSSと社長MR.MINTZに
ORIENTAL MERCHANDISING AGENCYと名ずけられ同社内で机一つで創業しました。
後にこれを翻訳して東邦物産商会――>東邦物産株式会社とした訳です。
台湾からの唐木家具の開発輸入、日本人向け木彫品を始めたのも、英国、フランスから戦後
占領軍などにより多く国外流失をした日本製古美術品の逆輸入を始めたのも、
又、誰も知らなかったフランスのマルセーユやベルギーのブルッセルから大量の象牙原木輸入を
始めたのも私です、大量の象牙原木を甲府市の印材製造業者に卸しました、
当時は象牙は輸入禁止ではなかったのです。
当時象牙輸出国はアフリカと思われていましたが、アフリカの価格は高すぎて日本での
卸し販売は無理でした。フランスのマルセーユから輸入しました。

Mr.Ross及びMr.Mintzは共にナチスドイツからアメリカに移住されたユダヤ民族でした。
2人共、クリーニング店の店員など、いろいろの苦労をされた後、同社を設立され米国内で
輸入卸業の大手に成長されました。
同社はニューヨーク 株式市場にも上場されていました。
同社は当時の日本の有力輸出商社の間ではアメリカの大手輸入商社として良く知られていました。
当時(安からう、悪かろう)と言われていた日本製品の見本をスーツケース6個に詰めて私が中古自転車に
積んでの自転車行脚で米国内を販売営業に回っている事を知って、その根性を認めて、同社内で机一つで
創業をさせて頂いたのです。
残念ですが同社はM&Aで他社に合併されました。

創業以来輸出立国政策に沿いアメリカ、ヨーロッパ諸国、スカンジナビア諸国、オーストラリヤ、
ニュージランドなど、当時の先進諸国にあらゆる日本製品を輸出しました。
ドルショック後の昭和48年、当時発展途上国であった台湾で台湾東鵬有限公司を現地法人として設立、
台湾での欧米向け商品の開発輸出をしました。
昭和55年中国での商品開発を進める為、上記会社を台湾の社員に供与し、拠点を香港に移転しました。
昭和54年香港において日本製品専門のギフトショップを5店舗展開、日本製品を現地社会に拡販しました。
当時香港ドルは一ドル¥60強でした。
昭和60年香港ドルが一ドル¥30前後に下落の為、日本製品の輸出は困難と見て全店を引き上げました。
予想通り現在香港ドルは約¥13前後になっています。

輸入は昭和38年頃よりはじめました。ヨーロッパ、主にイタリア、スェ―デン等から多く輸入しました。
その後、輸入国は徐々に台湾、韓国、香港、中国と変わって行ったのです。
業種はギフト商品全般、販促品、工芸品、輸入品等の卸しを小売店向けに全国的にしました。

平成25年2月(2013 2月)、歳の事も考えて業務内容を他社に委譲し、会社は解散登記をしました。

好きなスポーツ:テニス、水泳、スキー、柔道――現在柔道はやめていますが、
その他は今も楽しんでいます。
趣味:写真、コンピューターいじり、茶道(裏千家)、華道(嵯峨御流)茶道、華道は
細川ガラシアさんも祭っている崇禅寺において長年間修業させて頂きました。
以上 よろしく         

懐かしさを呼び戻す、富山営業所、堺営業所、大分営業所の風景です
富山営業所
富山営業所内業者セリ風景
懐かしさを呼び戻す 3階建て堺営業本部
懐かしさを呼び戻す大分営業所
  国道41号線から見た富山営業所
懐かしの台湾現地会社 台湾東鵬有限公司
富山営業所 雪風景



     お問い合わせ用ページへ  ★ ご注文やお問い合わせは、どなたでも、お気軽にFAX、郵送,E-メールでどうぞ。   大阪市東淀川区東中島5丁目22-4 石田明雄 電話:06-6322-1804 FAX:06-6322-1880          上に戻る TOPへ