霊芝(れいし)について知りましょう

健康食品、継続、連続は力なり、毎日飲食を続けましょう、信じるものは救われます

別名、猿のこしかけとも言われています。
2017年9月までは当サイトでも販売していましたが、今は販売をしていません。

霊芝 れいし 万年茸でネット上で検索すると
ネット上で購入出来ます。
効用についても分かります。
純国産品をお勧めします。

一般の漢方薬店などで販売されています







お召し上がり方:
一個を水洗いしてそのままで煎じて下さい。
湯が沸騰して5分位で結構です。
煎じ湯はペットボトルなどに入れて冷蔵庫で保管して、
お茶代わりにお飲み下さい。
幾度も煎じる事が出来ますので霊芝は冷凍室で保管して、
幾度も煎じてください。
いよいよ煎じ湯が薄くなりましたら包丁で適当に切って、
又、煎じ液が薄くなるまで何度か煎じてください。
多少苦いです。



★ 私、石田は50年間以上、家族で愛用しています
★ ご参考に私は市販の(皮付きのはと麦)を適当に入れて
一緒に煎じています。
理由は、娘が幼児の時、首や胸に小さなイボが沢山できました。
又、従兄弟(女性)が高校生の時、手の指に大きなイボが幾つか
できて突端が塩を吹いたように白くはじけて、恥ずかしがっていました。
はと麦が良いと聞いて、皮のまま煎じて飲ませましたら、2人とも
約3ケ月でイボがきれいに無くなりました。それ以後、霊芝と一緒に煎じて、お茶代わり愛用しています。

大阪市東淀川区東中島5丁目22-4   石田明雄    電話:06-6322-1804 FAX:06-6322-1880  上に戻る